RG 1/144 Zガンダム3号機

| コメント(2) | トラックバック(0)

RG第10弾として発売されたZガンダムのバリエーションとして、プレミアムバンダイ限定でZガンダム3号機が登場!
初出は「ガンダム新体験 -0087- グリーンダイバーズ」という映像作品で、
プラネタリウムのような設備で上映されていたそうです。マニアックだw
カラバ所属機で、搭乗している兵士の名は明かされていないものの、
声優が古谷徹氏なうえ、肩のマーキングから察しても、どう見てもアムロです。本当にありがとうございました。

キットのデザインは、おそらくMGのZガンダム3号機ホワイトユニコーンをもとにしているようですね。
カラーリングパターンやマーキングシールのデザインが同じです。

もとのRG Zガンダムは、2012年11月発売の3240円。
今思えば、もう発売して結構経つ商品なんですねー。
内容物は、18ランナー+シール2種です。実質13ランナーですが。。。

Zガンダム3号機フロントビュー
フロントビューです。

密度感がHGシリーズとまるで違いますね。
比べるものがなければ、MGといってもわからないくらいハイディテールです!
また、可変モデルとは思えないくらいMS時のプロポーションも抜群です!

Zガンダム3号機リアビュー
リアビューです。

ウイング・バインダーがデカいです!
マーキングシールでのラインがオシャレですw

Zガンダム3号機バストアップ
バストアップです。

非常にイケメンです!
カメラアイは、リアリスティックデカールを貼っています。
光の反射がいつものホイルシールより強いですね!
このサイズで、胸部ダクトの内部メカまで色分けされています。
肩のアポジモーターも細かいんですが、黄色いパーツで分けられています。

Zガンダム3号機腕稼働
腕の可動です。

肩は水平くらいまで上がります。変形機構のせいか、前後にはスイングしません。
ひじは良く曲がり、ほぼ180度曲がります!
手首は握り手の他、指が稼働する手首が両手、銃持ち手が右手、平手が左手に付属します。

Zガンダム3号機腰可動
腰の可動です。

可変モデルなのに、腰が回転します!
そしてウエストが細い!w

Zガンダム3号機足可動
足の可動です。

ももは90度くらいまで上がります。
ひざは120度程度。まあ十分な可動でしょう。
くるぶし横のスラスターの色分けも完璧ですね!

Zガンダム3号機武器一覧
武器一覧です。

ビーム・ライフル、シールド、シールド用グレネード・ランチャー、ビーム・サーベル×2、腕部グレネード・ランチャー予備弾倉×2です。
ハイメガランチャーが無いのがちょっと残念です。
ライフルとシールドは、伸縮ギミックがあります。
それにしてもシールドが派手!w

Zガンダム3号機フル装備01
フル装備です。

相変わらずライフルの取り回しが悪いですw

Zガンダム3号機変形01
ここから変形シークエンス!

Zガンダム3号機変形02
まず胸部が跳ね上がり、頭部が収納されます。

Zガンダム3号機変形03
脚部が変形して外側に開き、続いて腕部を収納します。

Zガンダム3号機変形04
ウイングバインダーが前にせり出してきます。

Zガンダム3号機変形05
ウェイブ・ライダーに変形完了!

特に股関節あたりの変形がややこしく、ウイングバインダーの付け根もよく外れるのであまり変形させたくないですねw
パーツ強度的にも、結構怖い部分があります。

Zガンダム3号機WR形態01
ウェイブ・ライダー形態です。

このスケールで完全変形はびっくりします。
しかし、一部内部メカが結構露出していますが大丈夫なんでしょうか?w

Zガンダム3号機WR形態02
後ろから。

足の裏の銀色がオシャレですw
羽の色分けが、シールではなくパーツでされていたことが驚きです!

Zガンダム3号機WR形態03
差し替えで、ランディングギアが再現できます。

Zガンダム3号機WR形態04
ライフルを装備。

センサー部分をたたんで、銃身を短く変形させています。

Zガンダム3号機WR形態05
サイドアーマーを開くと、ビーム・ガンが出るギミックがあります。

Zガンダム3号機WR形態06
HGUCのウェイブ・ライダーと並べて。

全体的に大型化していますね。
特に機首がだいぶ長くなっています。
ライフルの長さもずいぶん長くなってw

Zガンダム3号機アクション01
ここからはアクションポーズ!

ビーム・ライフルを構えて。
アクションベース2に対応するアタッチメントがついています。
股関節が複雑なので、動かすのが怖いですw

Zガンダム3号機アクション02
サーベルで。

Zガンダム3号機アクション03
テール・スタビライザーとウイングが展開!

Zガンダム3号機アクション04
グレネード・ランチャーで。

細かいですが、ふたが開くギミックがあります。

Zガンダム3号機おまけ01
HGUCと並べて。

HGUCのZはずいぶん昔に出ていたので、やはり並べると厳しいですね。
かなりのっぺりした印象です。
ZガンダムのREVIVEが待ち望まれますw

Zガンダム3号機おまけ02
後ろから。

バインダーの大型化が顕著です。
デザイン自体も少し変わっていますね。

というわけで、RG Zガンダム3号機でした!!
やはりRG、スゴイです!思ってたよりも組み立てはスムーズで、楽しめました。
しかし、マーキングシール貼りは丸一日を要しましたw
100を超える細かいシールをひたすら貼るのは、結構辛いものがあります。
プロポーションとギミックを両立しているところも、バンダイの底力を見せられた気がします。
ただ、やはりこのスケールでは強度が怪しいところがあり、一部のパーツが白化してしまいました。
ガシガシ動かしてポージングを楽しむのには、向いていないキットですね。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.tosounds.mydns.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1398

コメント(2)

完成、おめでとうございます。
さすがRGです。HGとは完成度が違いますね。
私もRGを作ってみたいのですが、大変そうでなかなか手が出ません。。
製作、お疲れ様でした。

コメントする

広告

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.2.4

ブログランキング

ブログランキングへ
参加しています

気に入って頂けたらクリック
お願いしますm(_ _)m

人気ブログランキング にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村 にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村 プラモ・模型ブログランキング

ショッピング

このブログ記事について

このページは、T.Oyamadaが2016年4月18日 22:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「製作中!! RG Zガンダム3号機(5)」です。

次のブログ記事は「製作中!! HG 高機動試作型ザク(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。